• RM-V 展開

    2ペインを用いて検索(Retriever)と一覧操作(Manipulator)を提示し、一画面の中で条件と結果を同時に見られるようにする。さらに、一覧で項目を選択すると、閲覧(Viewer)用の画面に切り替わるようにする。


  • RV 展開

    2ペインを用いて、検索(Retriever)と閲覧(Viewer)を同一画面上に提示する。検索用ペインで検索した結果として、合致する1レコードの内容を閲覧用のペインに表示する。


  • M-E 展開

    一覧操作(Manipulator)をまず提示する。そこで一項目を選択すると、編集(Editor)画面に切り替わるようにし、編集を終えるとまた一覧に戻るようにする。


  • M-V-E 展開

    一覧操作(Manipulator)画面で一項目を選び、次の閲覧(Viewer)画面で詳細を表示し、必要に応じてそこからさらに編集(Editor)画面を開くようにする。


  • サンクス画面

    取引処理(Transactor)を実行した後に、お礼のメッセージを表示する。必要に応じて、実行した取り引き内容を表示する。


  • R-R-M 展開

    複数回の異なる検索(Retriever)を連続して提示しながら対象を限定していき、一覧操作(Manipulator)画面に辿り着かせる。


  • RM-E 展開

    2ペインを用いて検索(Retriever)と一覧操作(Manipulator)を提示し、一画面の中で条件と結果を同時に見られるようにする。さらに、一覧で項目を選択すると、編集(Editor)用の画面に切り替わるようにする


  • MV 展開

    2ペインを用いて、一覧操作(Manipulator)と閲覧(Viewer)を同一画面上に提示する。一覧用ペインでオブジェクトを選択すると、その内容が閲覧用のペインに表示されるようにする。


  • ステップ表示

    複数画面に渡る一連の作業が発生する箇所では、常に全体概要を表示する。


  • 脱出口

    複数のステップや時間を要する作業から、途中で離脱するための機能を提供する。


  • モーダルダイアログ

    質問を投げかけ、ユーザーが答えるまで他の作業を受け付けない。


  • 親子のポップアップ

    ポップアップでウィンドウやコンテントを表示する場合は、親子関係を明らかにする。


  • タブの並列切替

    タブには、並列な関係を持つ情報を1つずつ格納する。


  • ハブ

    1つのベース画面を起点に、タスクやオブジェクトごとに個別の画面を開き、必要な作業を完了した段階でその都度ベース画面に戻る。


  • ドリルダウン

    1画面内で、メニューなどの項目選択によって、上位から下位(大分類から小分類)へと対象を詳細化していく。


  • フレキシブルペイン

    画面をいくつかの伸縮可能なペインで構成する。各ペインをモードレスなダイアログもしくはナビゲーションメニューと位置づけ、作業の状況に合わせて必要なペインの表示/非表示を切り替えられるようにする。


  • ウィザード(Wizard)

    一定の順序に従って、あらかじめ決められた順序で一連の画面を提示し、作業を進行させる。