R-R-M 展開

複数の異なる”検索(Retriever)“を連続して提示しながら対象を限定していき、”一覧操作(Manipulator)“画面に辿り着かせる。
理由:対象レコードを抽出するために複雑な条件指定が必要な場合に、”ウィザード(Wizard)“式の画面展開によって段階的に作業を進行できるようにするため。”DBマネージャ“を構成する画面展開。

図例
複数の検索画面を経た後で一覧操作画面に辿り着く

効能

  • 前の検索結果によって次の検索条件を変化させながら、必要な回数だけ条件分岐させることができる。
  • フレキシブルペイン“を用いた”シングルウィンドウ“での動的な画面展開を実装できない場合でも、状況によって入力項目が変化するような表現ができる。あるいは、多量の条件項目を提示できる。

用法

  • 対象オブジェクトを抽出するための”検索(Retriever)“を、ウィザード式に複数画面の遷移で提示する。
  • 「戻る」「進む」といったボタンを配置し、作業段階を前後に移動できるようにする。
  • 一覧操作(Manipulator)“画面に辿り着いたら、要件に応じて、”MV 展開” や “RM-E 展開” といった画面展開に繋げる。
  • 一覧操作画面から最初の検索画面に戻れるようにする。別な検索作業を続けて行えるようにするため。

図例
R-R-M のモデル

注意事項

  • 検索画面が何度も繰り返し提示され、なかなか結果画面(一覧操作)に辿り着かないと、ユーザーのストレスは大きくなる。早い段階で結果を出し、それから必要に応じてさらに絞り込めるようになっているとよい。