オブジェクトベースUI コンサルティング

今、UIデザイン業界で注目を集めている「オブジェクトベースUI」。その発信源であるソシオメディアが、御社のシステム開発/アプリケーション開発をサポートします。

 

オブジェクトベースUIとは

オブジェクトベースUIとは、オブジェクトを起点として操作体系を設計することです。企画段階におけるコンセプトデザイン、設計段階における画面仕様検討、そして実装を経たデザインルールの組織的な管理段階に至るまで、開発工程全体を通じて適用される、シンプルで強力な基本原理となります。

オブジェクトベースのUIについての詳細解説記事

UIを設計する上でオブジェクトを起点とするという考えは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の初期からあり、オブジェクト指向プログラミングとの高い親和性を持って実践されてきました。しかしソフトウェア工学やデザイン手法としては語られることが少なく、そのノウハウは「知る人ぞ知る」ものになっています。

ソシオメディアの長年のUIコンサルティングの経験から、ほとんどのシステムはオブジェクトベースUIを適用することで劇的に改善されることがわかっています。操作効率、学習効率、業務効率、UI拡張性などが向上し、画面数は5〜20分の1に減ります。設計はシンプルになり、開発工数は低減され、保守性も高まります。

ソシオメディアが発信してきたブログ雑誌掲載記事をきっかけとして、今、UIデザイン業界でオブジェクトベースUIが大きな注目を集めています。ソシオメディアはこれまで数多くのシステム開発案件でオブジェクトベースUIを実践してきました。そのノウハウをさらに洗練させ、インハウスの開発部門/デザイン部門、システムベンダー、デザイン会社などを対象とした「オブジェクトベースUIコンサルティング」として、アプリケーション開発およびデザイン組織化をサポートいたします。

トレーニング

オブジェクトベースUIの設計にはメソッドがあります。その基本は、ユーザー要求の文脈からオブジェクトを抽出し、そのオブジェクトを操作の対象物として画面を構成していくこと。またその際に情報システムの典型的な GUI デザインパターンにあてはめて操作体系を調整していくことです。

御社のエンジニアリング/デザインチームがこれらのメソッドを習得し開発プロジェクトの中で実践していけるよう、ソシオメディアのスタッフが講師となってトレーニングを行います。

セミナー

御社のエンジニアリング/デザインチームの規模や開発システムの性質に応じて内容を調整しながら、以下のような事項について解説するインハウスセミナーを実施します。

  • オブジェクトベースUIの目当て
  • オブジェクトベースUIの事例
  • 事業/業務ドメイン分析手法
  • オブジェクトモデリング手法
  • UIデザインパターン適用手法

ワークショップ

オブジェクトベースUIの勘どころを習得する近道は、実際にオブジェクト抽出やUIモデリングを行なってみることです。ソシオメディアが用意するサンプル事例を素材として、ワークショップ形式でオブジェクトUI設計を体験していただきます。

  • ドメイン/業務要件からのオブジェクト抽出
  • オブジェクト/ビュー/スクリーンマッピング
  • UIラフスケッチ(デスクトップ/モバイル)

設計支援

実際のシステム開発/アプリケーション開発のプロジェクトにソシオメディアのスタッフが参画し、オブジェクトベースUIの実践に向けた支援を行います。プロジェクトの企画段階、要件定義段階、設計段階、実装段階など、フェーズ全体あるいは特定のフェーズに応じて、アドバイザーとして御社の開発チーム/デザインチームをサポートします。

特に、まったく新しいコンセプトの製品を新規に企画する場合や、既存の複雑なシステムをオブジェクトベースUIに改修する場合には、基本のメソッドに従うだけでは様々な課題に対処できません。実践的にオブジェクトベースUIを成功させるために、様々な状況下でオブジェクトベースUIの導入を支援してきたソシオメディアの経験的ノウハウを活用してください。

  • 各種デザイン検討ディスカッションへの参加
  • ドメイン分析/オブジェクト抽出におけるアドバイス
  • オブジェクト/ビュー/スクリーンマッピングにおけるアドバイス
  • UI詳細設計におけるアドバイス
  • プロトタイプ/既存システムに関するレビュー

デザインシステム構築支援

御社の事業体として定常的にシステム開発/UI設計を行っている場合、デザインの基本的なルールとパターンを組織的に管理運用する必要があります。これをデザインシステムと呼びます。

ソシオメディアはこれまで数多くの企業/機関に対してデザインシステム構築の支援をしてきました。デザインシステム自体の構成、内容の方向性、ルールの詳細度やデザインパターンの選定、運用体制とフィードバックサイクルの計画など、組織におけるデザインマネージメントについて多くの知見を有しています。

UIの設計コストとデザイン品質を最適化するために、ソシオメディアがオブジェクトベースUIの原則とパターンを基軸とした御社のデザインシステム構築を支援します。

  • デザインシステム構成検討への参加
  • デザイン原則の策定支援
  • UIストラクチャのパターン選定支援
  • 各種UIコントロールの基本仕様策定支援
  • 配色、アニメーション、グラフィック、ラベリングなどのルール策定支援
  • UIコンポーネント実装に関するアドバイス
  • デザインシステム運用に関するアドバイス

ご相談・ご依頼

お客様の事業内容、体制、予算、課題認識などに応じて個別にご提案を作成します。まずは問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。担当の者より折り返しご連絡いたします。