• DBマネージャ

    データベースに蓄積された情報を管理するために、検索、一覧操作、編集という基本機能を提供する。コンピュータでデータ管理を行うための基本的な機能セット。


  • 名詞 → 動詞

    ユーザーの操作手順として、まず対象のオブジェクト(名詞)を指定し、次にアクション(動詞)を指定するようにする。


  • オブジェクトのマルチ表現

    ユーザーの操作対象となるオブジェクトを、状況に応じて異なる表現方法で提示する。


  • シングルウィンドウ

    一連の作業をひとつのウィンドウ内で完結できるようにする。


  • マルチウィンドウ

    データや機能をウィンドウ単位で提示し、それらを複数同時に表示する。ウィンドウ同士を重ねて表示し(オーバーラッピングウィンドウ)、現在のフォーカス位置や作業の段階を表現する。


  • モーダルインタラクション

    ある目的を達成するための手続きを決め、それにそって機能を提示する。


  • モードレスインタラクション

    ある操作に対するシステムの解釈を一定にする。あるいは、ユーザーの注意の切り替えに合わせて自然にモードが切り替わるようにする。


  • 直接操作

    画面上のオブジェクトに対して、ユーザーがマウスなどの GID(グラフィック入力装置)を使って直接働きかけながら作業できるようにする。