シングルウィンドウ

一連の作業をひとつのウィンドウ内で完結できるようにする。
理由:ウィンドウを切り替えることなく、安定した作業環境でタスクを進行できるようにするため。”モードレスインタラクション“と”モーダルインタラクション“を自然に組み合わせるため。

図例
シングルウィンドウ

効能

  • 作業の場をシンプルに提示することができる。
  • ファイルやオブジェクトといった概念的単位を理解してウィンドウを操作しなくても、今見えている要素だけに注目して作業を進めることができる。
  • 画面が複数ウィンドウで乱雑にならずにすむ。
  • ウィンドウの大きさやペインの数などで、モードの強さを調節できる。
  • 全画面表示を用いれば、OSやランタイムといったプラットフォームを意識させずアプリケーションを表現できる。キオスク端末のように、単独のサービスとして存在しているように見せたい場合に有効。

用法

  • フレキシブルペイン“を活用して、マルチウィンドウに近い”モードレスインタラクション“を実現する。
  • 逆に、”モーダルインタラクション“にしたい場合にはペインをなくして、今見えている入力項目を埋めないと次の画面に進めないような”ウィザード(Wizard)“を作る。
  • ファイル管理機能とデータ処理機能をひとつのウィンドウ内に提示する。これによりユーザーはデスクトップや他のアプリケーションにモードを切り替えなくても一連の作業を行えるようになる。

注意書き

  • シングルウィンドウは基本的にモーダルな印象をユーザーに与える。
  • ひとつのウィンドウに多くの機能や情報を詰め込むと、作業状況が把握しにくくなる。
  • ひとつのウィンドウに多くの機能や情報を詰め込むと、ウィンドウサイズが大きくなり、他のアプリケーションも同時に使いたいユーザーには邪魔になる。