2. 簡単にする

利用方法を効率化し、目的達成までの手順と労力をできるだけ減らす。

1クリックでアクション実行できる画面と、2クリック必要な画面の図