画面の大・中・小

画面のサイズにバリエーションを持たせる場合は、大・中・小の3サイズを基準とする。
理由:サイズに基準を持たせることで、視覚的な美しさと安定感のあるインタラクションを実現する。

図例
画面の大・中・小

効能

  • メイン作業とサブ作業を区別できる。
  • ポップアップ開く場合、その下に存在する元の画面が隠れてしまうことがない。

用法

  • ポップアップや作業支援用の画面の画面など、サブ的な位置づけにある画面を小さくする。
  • 縦横の比率を揃える。
  • 大・中・小の3サイズはあくまで基準として設け、”サイズの伸縮” を可能にする。
  • たとえば、大=XGA(1024*768)、中=SVGA(800*600)、小=VGA(640*480)とする。

図例
親子のポップアップ“における画面の大・小