再生(Player)

音楽、ムービー、スライドショーなどを、制御可能な状態で再生する。
理由:GUI の視認性やインタラクティブ性を活かした、情報量と魅力に溢れるコンテンツを、ユーザーが有効利用できるようにするため。

図例
ムービーの再生

効能

  • 視覚だけでなく、聴覚情報や、ユーザーの操作に対して反応するゲーム性のあるコンテンツを楽しめる。
  • 時間軸によるひとつながりの情報から、任意の箇所を切り出して閲覧できる。

用法

  • あらかじめ編集された、時間軸を持つコンテンツを、「再生」ボタン押下などのイベントの取得によって再生する。
  • 再生の巻き戻しや早送り、停止、音量調節などの制御用のコントロールを配置する。
  • 自動再生は行わない。
  • できる限り音声情報と視覚情報の双方を提供し、一方の内容に偏りが出ないようにする。
  • と同様、単なる「データ」から、ユーザーにとって意味のある「情報」に変換して再生する。
  • インタラクティブ性が高い場合は、操作とそれに対する反応を明確に対応づける。

図例
スライドショーの再生

注意書き

  • コンテンツの読み込み完了後、自動的に再生が開始されると、ユーザーがそのコンテンツを目的としていない場合、混乱が大きく、停止方法も分からず、本来の目的を完遂できない恐れがある。
  • 音声情報は、図書館などの静かな環境では、周囲に迷惑がかかる場合がある。小さめの音量を初期値としておくとよい。