閲覧(Viewer)

ユーザーにとって意味のある形式とプレゼンテーションで、データやコンテンツを表示する。
理由:データを単なる「データ」のままではなく、ユーザーが活用できる「情報」にするため。

図例
レコードの閲覧

効能

  • 情報として有益な意味を取得・理解できる。
  • 注目したい部分を、拡大するなどして見ることができる。

用法

  • 一覧操作(Manipulator)“から開いたファイル/レコードの内容を表示する。
  • あるいは、”検索(Retriever)“の結果として、ファイル/レコードの内容を表示する。
  • バイナリーデータやマークアップをそのまま表示するのではなく、ユーザーが意味を取得できる形に変換して表示する。
  • 必要に応じて、”インフォメーショングラフィックス” を用いてデータを分かりやすく視覚化する。
  • 画像を表示する場合は、拡大や縮小を可能にする。

図例
画像の閲覧

注意書き

  • 情報(コンテンツ)と、機能(ユーザーインターフェース)を区別できるようにする。ユーザーインターフェースの主張が強いと、ユーザーが情報に集中できなくなる。しかし”ハイパーテキスト / ハイパーメディア“では、両者の区別は曖昧。