ダブルクリック実行

オブジェクト選択と、そのオブジェクトに対する/そのオブジェクトを引数としたアクション選択という二段階の操作を、一度のダブルクリックで行えるようにする。
理由:基本的な一連の操作を簡単に行えるようにするため。

図例
オブジェクト選択とアクション選択の一連の操作をダブルクリックで代行

効能

  • オブジェクト選択と、それに続くアクション選択という操作は、モードレスインタラクションの中で頻繁に行うことになるため、これをダブルクリックというひとつのジェスチャで実現できれば、利用効率が大幅に向上する。
  • 画面上で、選択したオブジェクト(アイコンやリスト内の項目)とアクション実行のスイッチ(ボタンやメニュー項目)が離れていても、マウスポインターをその分移動させなくてすむ。
  • ダブルクリックは GUI における基本的なジェスチャなので、ユーザーがその振る舞いを予測しやすい。

用法

  • 名詞 → 動詞の操作手順が想定される場面で、名詞(対象オブジェクト)のダブルクリックでこれを代行できるようにする。
  • システムがアイドル状態の時、オブジェクトのダブルクリックによってをそれを開き、内容を表示する。
  • アクションの引数指定のためにダイアログが開かれている時、ダブルクリックによって対象ブジェクトを確定し、ダイアログを閉じてアクションを実行する。
  • 選択したオブジェクトに対して複数のアクションが可能な場合、ユーザーが最も頻繁に行うアクションをダブルクリックに割り当てる。
  • 選択したオブジェクトに対する複数のアクションがボタンで提供されており、そのうちのひとつがデフォルトボタンの体裁をとっている場合、デフォルトボタンのアクションをダブルクリックに割り当てる。
  • 複数のオブジェクトの選択されていて、それらに対してひとつのアクションを同時に実行できる場合、選択されている複数オブジェクトのいずれかひとつをダブルクリックすればよいようにする。
  • 複数のオブジェクトの選択されているが、一度にひとつのオブジェクトにしかアクションを実行できない場合、選択されている複数オブジェクトのいずれかひとつがダブルクリックされると、そのオブジェクトへのアクションが実行され、それ以外のオブジェクトの選択は解除されるようにする。
  • アクションがボタンで提示されている場合、できるだけ、オブジェクトのダブルクリックと同時に該当ボタンも押下されるようにする。

図例
ダブルクリックは一般的に「オブジェクトを開く」操作

注意書き

  • 選択したオブジェクトに対して実行できるアクションが複数あり、そのうちのどれがダブルクリックで実行されるのかユーザーにとって明確でない時は、ダブルクリックを不可とする。
  • オブジェクトを複数選択させる意味がなく、また選択したオブジェクトに対して実行できるアクションがひとつしかない場合、そのアクションが可逆的であれば、ダブルクリック実行ではなくシングルクリック実行を用いる。

蘊蓄

キーボードでの利用も想定する場合、ダブルクリックと同等の操作をキーボードでも行えるようにするかは慎重に検討する必要がある。アクションがボタンで提示されており、その中にデフォルトボタンが存在している場合は、Enter キーでこれを代行できるべきだろう。しかしアクションがメニューとして提示されている場合、Enter キーが何を代行するのか不明瞭になりやすい。

Free Your UX... And A New Year Will Follow

締め切り間近!

2016年12月16日に、UXデザインの今と未来をテーマにした年忘れフリーディスカッション「フリー ユア UX」を開催します。

デザイン会社で日々クライアントの説得に苦労している人、インハウスで社内のデザイン啓蒙に努めている人、組織の中でデザインの標準化を目論んでいる人、新人デザイナーの教育に迷っている人、などなど、UXに関するあれやこれやをビールとスナックを片手に自由に意見交換する時間です。ぜひお気軽にご参加ください。

詳細とお申込