4. シグニファイア

ユーザーがすでに知っている表現や自明な形状などを用いて使い方を示唆する。例えば、押せるものは押せそうに、押せないものは押せなさそうに見せる。

ボタンらしいボタンと、ラベルらしいラベルのず