2016年5月31日(火)開催「UXにおける組織的課題の解決方法 – UXリサーチの組織内影響力を高めるためのハンズオン」

2016年5月10日

レティグ氏の顔写真2016年5月31日(火)に、米カーネギーメロン大学デザイン大学院で特別教授も務め「ソシオメディア UX戦略フォーラム」のスピーカーでもあるUXデザインの第一人者、マーク・レティグ氏によるハンズオンセミナー「UXにおける組織的課題の解決方法 – UXリサーチの組織内影響力を高めるためのハンズオン」を開催いたします。

セミナー概要

日時
2016年5月31日(火)13:30-17:30

会場
未定(東京都内)

参加料
¥10,000(英語から日本語への逐次通訳あり)

本セミナーで学ぶこと

  • 組織が更にユーザーにフォーカスするためにUXリサーチの役割とは
  • 組織のエコシステムを理解する
  • 組織内での各種調査
  • ユーザーとマネージャー、開発者を繋げる方法
  • UXリサーチ結果を使ったコミュニケーションの方法(プレゼンテーションや説得を超えたコミュニケーション)
  • 組織内コミュニケーションプランの作り方

プログラム
本イベントでは講演、少人数グループでのディスカッション、そして個人ワークを交えて、あなたの組織において、マーク・レティグ氏の手法をどのように適用できるかを実践的に学び、考えることを目指します。

  • 13:30-15:00 パート1
    • 講演:「組織全体の活動に関わる調査手法『コレクティブ・ストーリー・ハーベスト・メソッド(集団的ストーリー収穫法)』の習得」
  • 15:00-15:30 休憩
  • 15:30-17:00 パート2
    • 講演:「UXコミュニケーションツールボックスの拡張」
    • アクティビティ:「UXリサーチのコミュニケーションプランを作る」
  • 17:00 質疑応答、ディスカッション
  • 17:30 終了

講師プロフィール

マーク・レティグ
米ピッツバーグで Fit Associates の代表と、カーネギーメロン大学デザイン大学院で特別教授を務める。マーク・レティグ氏は、35年に渡り戦略、デザイン、そして開発の分野でリーダーとして、大企業、コンサルティング・ファーム、そしてスタートアップと仕事をしてきました。

ソシオメディアUX戦略フォーラム 2016 Spring」ではクロージングを担当します。