Web コンテンツマネジメントシステム入門

– 共同作業としての Web サイトの構築と運営 –

ラッセル・ナカノ (著), 松田 孝 (監修), インフォザイン + ソシオメディア株式会社 (翻訳)
ピアソン・エデュケーション ; 2002年10月5日 ; ISBN: 4894714779 ; 2,940円 (税込); 231ページ

Amazon.co.jp での書籍の紹介と購入

ウェブサイトの効率的な運用に欠かせない「コンテンツマネジメントシステム」活用マニュアル

ウェブのコンテンツは資産であり、管理できて再利用できるようにするべきだという考え方をベースに、共同作業で制作する一連のプロセスを、テンプレート、ワークフロー設計、ガイドライン策定、インフラ整備などにより運用管理する仕組みを紹介しています。

主な内容

  • PART1 コンテンツ・マネジメントの意義
    • 第1章 インターネットが変えるビジネスのルール
    • 第2章 コンテンツ・マネジメントの概要
  • PART2 概念と原則
    • 第3章 複数人で Web サイトを構築する際の原則
    • 第4章 Web サイト協同構築の実践
    • 第5章 テンプレート・システムの意義
    • 第6章 作業サイクルを短縮するワークフロー
    • 第7章 コンテンツ公開配備システム
    • 第8章 複数の Web プロジェクト管理
  • PART3 設計と実装
    • 第9章 グローバライゼーションのためのコンテンツ・マネジメント
    • 第10章 まとめと結論
  • PART4 付録
    • スマート・ファイル・システム
    • グループ間で正式な受け渡しを行うためのワークフロー設計
    • 予定されたスケジュールに対応するためのワークフロー設計
    • 理想的なコンテンツ・マネジメント・プロセスの基本ステップ