Web サイトユーザビリティ入門

– ユーザーテストから発見された「使いやすさ」の秘密 –

ジャレッド・M. スプール (著), T. スキャロン (著), W. シュローダー (著), C. シュナイダー (著), T. デアンジェロ (著), 篠原 稔和 (監訳), 三田 仲人 (翻訳)
東京電機大学出版局 ; 2002年7月1日 第2版 ; ISBN: 4501531908 ; 2,520円 (税込); 146ページ

Amazon.co.jp での書籍の紹介と購入

ユーザビリティテスティングのメソッドを多くの事例とともに紹介した実践書

(Web サイト入門シリーズ2)絶版になっていましたが、東京電機大学出版局より再版されました。ウェブサイトにおけるユーザビリティテストの数々の実施事例と、その分析方法について詳細に解説しています。

本書の特長

"本書は、「ユーザビリティテスト」に関して3つのパートから解説されています。

  • まず最初に、UIE 社が9つのサイトに対して実施したユーザビリティテストの「調査結果」の分析です。ここでは、テスト結果から Web サイト制作に関する5つの推論を導き出した上で、ナビゲーション、リンク、検索、比較、読みやすさ(リーダビリティ)とページレイアウト、グラフィック、ユーザーの好み、といったそれぞれの観点から Web サイトの法則を探り出します。
  • 次に、「サイト・アラカルト」では、テストを行った Web サイトを評価の高い順から紹介し、個別の分析とその特徴を捉えています。
  • そして最後に、「サイトをテストする」では、UIE 社によるユーザビリティテストの具体的な実施方法について学ぶことができます。"

(監訳者まえがきより)

主な内容

  • 第1部 調査結果
    • 第1章 Web サイトのユーザビリティ:概観
      Web における「ユーザビリティ」とはどういうものか/調査したサイト/注目すべき推論
    • 第2章 移動する:ナビゲーション
      ドメインの知識とナビゲーション/サイトの構造/ナビゲーションのためのツール/ユーザーがナビゲーションする際の行動パターン
    • 第3章 移動する:リンク
      対照的な2つの事例:リンクの比較/説明があると内容が予測しやすい/「違いをはっきりさせること」がナビゲーションに役立つ/リンクのレイアウト/リンク先/経験は役に立つか?
    • 第4章 サイト内検索
      不明瞭な検索範囲/検索結果
    • 第5章 比較の難しさ
      ユーザーは比較作業をどうこなしたか/大量の比較と「ホッピング」/ユーザーの選択を支援してくれるサイト
    • 第6章 読みやすさとページレイアウト
      私達の提唱する理論:飛ばし読みこそ有効/読みやすさとWeb/飛ばし読みのしやすさ/余白にまつわるジレンマ/スクロールと「折り目」/ボタン重力の法則
    • 第7章 Web におけるグラフィックデザイン
      グラフィックデザインの役割/ダウンロードに要する時間/アニメーションと動き
    • 第8章 ユーザーの好み
      課題達成度とユーザーのお気に入り度/課題達成度とユーザーの嫌悪感/Web サイトはちょっと様子が違う
  • 第2部 サイト・アラカルト
    • 第9章 エドモンズ
    • 第10章 ヒューレット・パッカード
    • 第11章 Web セーバー
    • 第12章 トラベロシティ
    • 第13章 Inc.
    • 第14章 C|net
    • 第15章 フィデリティ
    • 第16章 ディズニー
  • 第3部 サイトをテストする
    • 第17章 どのようにして私達はサイトをテストしたか
      質問の種類/質問の難しさ/ユーザビリティテストの方法論/データの蓄積/サイトのランキングを集計する/どれだけ良ければ十分なのか
    • ユーザー・インタフェース・エンジニアリング社