コマンド発行(Commander)

テキストの打ち込みによって、システムに対する直接的な命令を実行する。
理由:余計なグラフィック要素を排し、迅速で的確な処理を実行するため。

図例
プログラミングによるコマンド発行

効能

  • 慣れていれば、GUI による入力よりも操作が速い。
  • システムの状態が不明な場合や箇所について、システム自体に問い合わせができる。

用法

  • CUI(コマンドライン・インターフェース)“でシステムに対して命令を下せるようにする。
  • システムを熟知しているユーザーだけが利用できるようにする。
  • システムを熟知していないユーザーが必要とした場合にも、利用できるようにする。
  • システムの応答がない、または状態を知りたい場合に起動できるようにする。

注意書き

  • システムを熟知していないユーザーが誤って利用すると、システム自体を破損する恐れがある。通常は呼び出せないか、呼び出しにくい箇所に格納しておく。