デザインマネジメント

 

いまや様々なビジネス間に存在する伝統的な境界線をはるかに超えて、世界の様々な課題への対応のみならず新しい視点でものごとを生み出し、様々な領域で価値を発揮するデザイン。

デザインマネジメントは “デザインのビジネスサイド” と言われ、デザイン、経営戦略、プロジェクト管理、サプライチェーンなどの手法を融合しながら創造的なプロセスと文化を制御し、デザインのための構造と組織を構築する活動です。そしてデザインマネジメントの目的は、組織がデザインを通じてその戦略的目標およびミッションを達成するための効率的なビジネス環境を開発し、維持することです。

近年のスマートフォンの普及によるアプリケーションやウェブサービスの急成長を背景として、アプリケーション・デザイナーの急増に伴う「デザインマネジメント論」や「デザイン組織論」、「デザイン戦略論」がよく話題となっています。また、ソフトウェアにおけるデザインの構成要素を「デザイン言語」としてとらえる「デザインシステム」といった現場視点のデザインマネジメントから、企業におけるデザインやデザイン関連の人材の運用に関する「DesignOps(デザイン運用)」や「ResearchOps(リサーチ運用)」、デザインを中核とした組織づくりに関する「DesignOrgs(デザイン組織)」といった経営視点のデザインマネジメントが非常に大きな注目を集めてきているといえるでしょう。

『デザインマネジメント原論 – デザイン経営のための実践ハンドブック』

ソシオメディアでは、「デザインマネジメントの現在」を紹介するために「デザインマネジメントシリーズ」と題した出版プロジェクトを開始することになりました。

その第一弾となる書籍『デザインマネジメント原論 – デザイン経営のための実践ハンドブック』は2019年5月27日に発売されました。

このプロジェクトでは、世界的な「デザインマネジメントの潮流」に遅れをとってしまっている日本において、企業や政府・自治体における実践と大学における教育とを加速度的に進めるための一助となることを目指すと同時に、日本の実情をしっかりと世界に発信していくことを企図しています。

ぜひお手にとってご覧いただくとともに、本書をきっかけとして一人でも多くの方にデザインマネジメント領域への深い関心を寄せていただくことを願っています。

各章末の「復習の問い」と「プロジェクト用の課題」に対する回答例については、現在準備中です。

ご相談・ご依頼

ソシオメディアはこれまで、さまざまな企業の組織運営をデザインの視点で長年にわたって支援してまいりました。その知見を生かして、御社のデザインマネジメント実施をご支援いたします。まずは問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。担当の者より折り返しご連絡いたします。

また「デザインマネジメントシリーズ」書籍についてのご感想やご質問も承っておりますので、問い合わせフォームよりお気軽にお送りください。